● search this site. ●
● categories ●
● new entries ●
● recent comment ●
● archives ●
● bookmarks ●



<< モコモコあったかソックス  |  main  |  チョー笑えた >>

● スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at    スポンサードリンク  -

-   -  pookmark

● 嫌われ松子の一生

お風呂での読書タイム。

今日読み終わった本は、「嫌われ松子の一生」。

嫌われ松子の一生(上)嫌われ松子の一生(下)

以前バイトしてた所で
映画 「嫌われ松子の一生」 を絶対に観てみろ!と言われました。

でも 本→映画化 って結構無理があるし、原作のイメージやら
下手したらストーリーまでおかしなことになるので
あまり好きじゃないです。
だから本に限ります。(あたしの場合ですが・・・)

おもしろかったです。
松子の壮絶な転落人生。

松子のアッパレな転落振りを読みつつ
でもあまり可哀想と思えなかったのは何故だろう。

可哀想というか
痛々しくて切ない感じかな。
松子が変に一生懸命すぎて。

堕ちて上がりかけたと思ったら、また堕ちて・・・。
松子の場合、極端すぎるだけで
これって誰にでも起こり得ることだし。

小さな転落なんて誰にでもチョイチョイ起こる。
でも松子みたいに堕ちるところまで堕ちないですむのは
周りに ストッパーとなる人やモノや環境があるからなんだろう。

いつどうなるかわからない一度きりの人生、
もし急に自分が死んで、誰かが自分の人生を辿ってくれたとしても
その人が悲しまないような 素敵な人生を送りたいものです。

なんてちょっと大袈裟ですねパクッ




ネットショップにも是非遊びにきてくださいおはな
オリジナルジュエリー オンラインショップ
「jouer*coto」 (ジュエ アンド コト)


jouer*coto banner original jewelry online shop


人気blogランキングに参加しています
バナー

at  02:56  boco  *読む

comments(2)   -  pookmark

● スポンサーサイト

at  02:56  スポンサードリンク  -

-   -  pookmark

comment
みぷ  2007/11/06 4:28 AM

映画化って、無理あるよねー。

そういえば、すんごい前、「黒い家」一緒に見にいったよね(^^)
あんなコワイ話なのに、最終的に大竹しのぶがコミカルに見えて笑えたのが忘れられない(笑)
あと、山崎まさよしが見つけられなかったこと(悔)

嫌われ松子の映画は、本とは切り離して、映画として見て秀逸らしいよ(^^)音楽とか映像とか。
ドラマは配役が良かったんで見た・・!
(要潤と北村一輝〜っ)

boco  2007/11/07 3:08 AM

みぷちん

行った行った!!「黒い家」
本は結構怖かったのに、映画は・・・。
山崎まさよし見つけられなくて盛り上がったね(^_^;)

松子の映画、今度借りてみよっかなー♪